同級生と先輩の家へ遊びに行くことに

次の日から学校では常に先輩達といるようになり、同級生と居る時間が減っていった。

 

とは言っても、授業中は同級生しか教室に居ないからもちろん同級生との会話が減ったわけではなかった。

 

僕は小学生の時と比べ物にならないくらい「人当たり」が良かったのだと思う。

 

そして先輩たちと絡むようになったある日、僕の同級生が松田先輩と同じ部活だということが分かった。

 

それを松田先輩に伝えると「篠田、あいつと仲いいんだな。今度俺の家でげーむしようぜ」と言ってきた。

 

その同級生の友達はクラスでも一番仲が良かった友達だったので、僕の方から松田先輩の家へ一緒に行こうと誘った。

 

→続きを読む

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *