やすお:親の大切さ

僕は、寮での生活に早々とピリオドを打とうとした。

入学式で親に、迎えに来てもらい帰るつもりだった。

親は最後にと思い、家に送ってくれた。

僕は、もうそれっきり寮に戻る気は無かった。

 

親を騙してまで、家に帰ろうとした。

今思えばすごく最低なことをした心底思う。

いまでも本当に申し訳なく思っている。

 

しかし、僕の親はさすがに察していた。

このまま戻って大丈夫なのだろうかと。

 

入学式を無理やり笑顔で終えて、親を安心させて家に帰るつもりだった。

車に乗り、高速道路に差し掛かる時だった。

私の母は急に、「やっぱりダメ、このまま帰ったらまた同じ生活になる気がする」と引き返そうとしたのだ。

 

もちろん僕は、全力で拒否した。泣きじゃくった、暴れまくった。しかし、母は無理やり学校へ引き返した。私は絶望した。

またあの寮に戻らなきゃいけないのだと。母のこの決断は、僕を救った。

僕を普通の人生の道に戻してくれた。

 

母の決断はすごく難しく、すごく辛いものだったと思う。

迷いに迷った決断だ。この時の僕の心情は、ふざけんな、

帰らせろ、俺が嫌いなのかなど否定的な言葉でしか表せなかった。

 

しかし、高校生活が安定した時この決断が、僕を救い、僕を変えてくれたと、言葉に表せないほどの感謝がある。

偉大な母親です。

本当に偉大だ。

 

学校に着き、会議室を借りて2人で泣きながら言い合いをした。

落ち着いた時、先輩が迎えに来てくれた。2人で寮に戻り、色々な世話をしてくれた。

この先輩との出会いも、人生を大きく左右するのであった。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments