やすお:昔と今

いまから私は個人的な意見をお話しします。

参考にするもしないもの見ていただいる方たちにお任せします。

 

わたしは昔、なぜ不登校になっていたかは今でもわかりません。

当時のことも覚えていません。

でも1つだけ言えるのは自分に甘かったのだと思います。

 

普通は学校に通い、勉強をして普通の生活をします。

しかし、上手くいかなかったのです。

第1にあまり感情をコントロール出来ませんでした。

素でいられるのは家族の前だけでした。

 

なんで学校に行けないの?と聞かれても素直に答えられないし、言っても無駄だって思ってたかもしれません。

その質問だけは家族に対しても答えられませんでした。

みんながみんなそうかはわかりませんが、わたしはそうでした。

 

私はずっと学校に行けないことに対して、とやかく言われたくなかったです。

自分でも行けなきゃ行けないのは十分にわかってるし、みんなが心配してるのもわかってる。

でも一歩が踏み出せませんでした。

たぶんその一歩は自分1人では踏み出すのは不可能でした。

 

普段の何気ない家族の会話が1番楽しくて、学校に行ってない分、家族でいる時間が1番楽しかったです。

今でも忘れません。

でも学校の話は1番嫌でした。

 

私の今があるのは全て家族、両親のおかげです。

時には厳しく時には優しく、すごく家族私の支えでした。

一歩踏み出す時は厳しさが必要でした。

普段の生活は優しさが必要でした。

 

やはり私の家族は偉大です。今悩んでいる人たちの参考になるかわかりませんが、私はこうでした。

家族が大好きです。

 

今は家族以外でも自分を出せています。

すごく楽しいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *