口裏合わせ

口裏合わせ

 

次の日。

 

朝9時に職員室へ来るように言われていたので学校へ向かった。グラウンドでは野球部が1日練習をしている。

 

僕はバレないようにこっそりと自転車置き場に向かい、職員室へ行った。

 

職員室へ行くと先生が4人いた。そして”あの日”の4人は一人ずつばらばらの部屋で事情聴取されることになった。

 

僕の部屋の担当は、僕のクラスの担任だった。

 

僕は怒られるだろう。気分が悪いと思っていた。

 

すると担任の先生は開口一番「篠田、大変だったな。まぁ、今日は部活も休めたんだし、ゆっくり話聞かせてな」と言った。

 

僕は起こられると思っていたから、少し気分が楽になった。

 

それから先輩の家で何をしていたのか、何時までいたのか、どこか行ったのかなど色々なことを聞かれた。

 

もちろん僕たち4人の不利になりそうなことは聞かれても嘘をついた。

 

昼になり、お腹がすいてきた時間だった。

 

担任の先生が「お腹すいただろ、カツ丼でいいか?」と僕に聞いた。

 

僕は思わず笑ってしまった。”カツ丼”なんてこの状況で食べたら本当の”事情聴取”みたいだと思ったからだ。

 

僕は「はい。それでいいです。」と言い、先生がカツ丼を買ってきてくれるのを待っていた。

 

学校へ来てから3時間が経った。エアコンは付いていたがさすがに1月末の田舎は想像以上に寒い。お尻が痛かった。

 

先生にカツ丼をもらい、食べ終わり少し休憩していると、足音が聞こえた。

 

足音は僕が居る部屋の前で止まり、コンコンとドアをノックする音が聞こえ、再び足音が聞こえた。

 

僕は「たぶん3人のうちの誰かが呼んでるな」と思ったので、トイレへ向かった。

 

するとそこには予想通り松田先輩がいた。

 

「篠田、何か話したか?」と先輩は聞いてきた。

 

僕は「いいえ。泊まりをしたことは正直に言っちゃいましたけど、あとは寝てたことにして知らないふりしてますよ」と言った。

 

先輩は「そうか」と言うと再び部屋戻った。

 

先生たちも昼食を食べたのだろう先生が戻ってきた。

 

先生は「篠田、まだ隠してることがあるそうじゃないか」と部屋に入るなり僕に問いただした。

 

僕が昼食を食べている間に、先生たちはお昼ご飯を食べていたわけではなかった。

 

僕たち4人の意見が食い違いないか、先生たちの間で確認していたのだ。

 

⇒続きを読む

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *